2017/ 4/ 5 KAU ショートニュース|通関業務代行

< 定期コンテナ船 4月より3大 アライアンス体制 スタート >

定期コンテナ船の共同運航体制が再編され、4月から3大アライアンス体制がスタートする。

3大アライアンスは、
・従来通りのマースクラインとMSCによる「2M」
・新たに仏CMA-CGM、中国COSCO、香港OOCL、台湾エバーグリーンより立ち上げられた「OA]
・日本郵船、商船三井、川崎汽船の邦船3社と、ハパックロイド、陽明海運が結成した「TA] の3つ。

海上貨物の伸び悩みと運賃低迷の中、韓進海運の経営破綻や、邦船3社のコンテナ事業の統合など、昨年度様々な動きのあった定期コンテナ船業界だが、3大アライアンス体制のスタートをもって新たなステージに突入する。

----------------
通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行します。国際規格とIT化でエキスパートがサポートします。 正確・迅速・安心・安全・経験・実績・信頼~株式会社共同フレイターズ~