2017/ 9/11 KAU ショートニュース|通関業務代行

< アジア発北米向け7月・8月荷動き好調、7月は過去2番目 >

7,8月のアジア18ヵ国・地域発米国向けのコンテナの荷動きが好調だったことが分かった。 米

国通関統計サービスJOC-PIERSのデータを基に、日本海事センターがまとめた記録による。 7月は前年同期8%増の145万5000TEUで、過去2番目の荷動き。シェア1位の中国が8.3%増。日本も5.9%増と、2ヶ月ぶりのプラスとなった。 1-7月の累計貨物量は前年同期比5.3%増を記録した。

8月は米ロングビーチ港の輸入コンテナ取扱量が前年同期10.6%増となり、過去3位を記録など、アジア発北米向けのコンテナの荷動きは引き続き好調な動きを見せている。

----------------
通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行します。国際規格とIT化でエキスパートがサポートします。 正確・迅速・安心・安全・経験・実績・信頼~株式会社共同フレイターズ~