2018/ 1/17 KAU ショートニュース|通関業務代行

< 2017年 世界の主要コンテナ港取扱量 増加 7港が2000万TEU越え >

2017年、世界の主要コンテナ港の取扱量が増加し、2000万TEUを超えた港が昨年の4港から7港に増えたことが分かった。

中国・上海港が初めて4000万TEUを超えたのをはじめ、広州港も年末に2000万TEUを超えたことを発表。
韓国・釜山港も2000万TEUを超えたことが確実と発表している。香港港も1-11月累計で1873万2000TEUで、2000万TEU越えはほぼ確実。

また、11月の段階で2000万TEUを超えていたのがシンガポール港・3071TEU、深セン港・2320TEU、寧波港・2281TEUで、この7港が2000万TEU越えとなる見通し。

----------------
物流業務改善提案、通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行します。正確・迅速・安心・安全・経験・実績・信頼~株式会社共同フレイターズ~