2018/ 3/29 KAU ショートニュース|通関業務代行

< 2月アジア発米国向けコンテナ過去最多 1月欧州向けは1.5%減 >

2月のアジア18か国・地域発米国向けコンテナ貨物量が、過去最多、前年同月比19%増の140万3000TEUとなったことが分かった。
日本海事センターの公表による。

シェア7割を占める中国発は2ヶ月連続のプラスで25%増。日本発も2カ月連続の増加で4%増となった。
またベトナムは23カ月連続のプラスで16%の増となった。

一方1月のアジア発欧州向けコンテナ貨物量は前年同月比1.5%減の145万6000TEUで、2ヶ月ぶりのマイナスとなった。
米国向けと同じくシェア7割超を占める中国をはじめ、日本、韓国なども前年割れとなった。

----------------
物流業務改善提案、通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行します。正確・迅速・安心・安全・経験・実績・信頼~株式会社共同フレイターズ~