2018/ 5/29 KAU ショートニュース|通関業務代行

< インドネシア税関 納税者番号とHSコードの記載義務化 >

提出するマニフェスト(積荷目録)に、輸入者の納税者番号と貨物のHSコードを記載することを義務付ける通達がインドネシア税関より出された。
タンジュンプリオク港では23日到着分から適用され、べラワン、セマラン、スラバヤなども順次対象になる。

既に到着済みの貨物もあり、一部はマニフェストへの追加の記載がないまま搬出できているとの情報もあるが、今後通関・貨物搬出時にトラブルとなる可能性が高い。

コンテナ当たりの荷主数の多い混載サービスでは荷主からの情報収集のため輸出側で混乱も起きているとこと。

----------------
物流業務改善提案、通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行します。正確・迅速・安心・安全・経験・実績・信頼~株式会社共同フレイターズ~