2018/12/26 KAU ショートニュース|通関業務代行

< 中国 2019年1月より 船舶排ガス規制を沿岸全域に拡大 >

中国が独自に定める大気汚染物質の排出規制海域(ECA)を、2019年1月から沿岸全域に拡大する。

国際海事機関(IMO)は2020年1月から全海域での船舶燃料油のSOx(硫黄酸化物)の割合を、現行の3%から0.5%とする規制強化を実施する。

その規制強化に先立ち、中国は2018年1月より、珠江デルタなど3海域をECAとして設定し、硫黄分0.5%以下の燃料油の使用を義務付け、2018年10月には揚子江デルタにもECAの範囲を広げていた。

2019年1月よりのECAの中国沿岸全域への拡大は、中国政府による環境対策取り組み強化の姿勢を表すものと言える。

----------------
物流業務改善提案、通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行します。正確・迅速・安心・安全・経験・実績・信頼~株式会社共同フレイターズ~