2019/ 1/18 KAU ショートニュース|通関業務代行

< 2018年アジア発米国向けコンテナ 5年連続最多を記録 >

2018年ののアジア10か国・地域発米国向けのコンテナ輸送量が、前年比8%増の1683万TEUとなった事が分かった。これにより5年連続で過去最多を記録した。
米民間調査サービスのデータマインの発表よる。

2018年12月のコンテナ輸送量は前年同月比19%と大幅増加。シェア最大の中国発が12月単月で21%の大幅増を記録、全体を押し上げた。
米中貿易戦争による前倒し出荷の影響とみられる。

2018年通年での中国発は前年比8%増の1050万TEUで1000万TEUの大台を超えた。

----------------
物流業務改善提案、通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行します。正確・迅速・安心・安全・経験・実績・信頼~株式会社共同フレイターズ~