2020/01/08 KAU ショートニュース|通関業務代行

< 2019年コンテナ取扱量 上海港10年連続の世界一 >

2019年の上海港のコンテナ取扱量が前年3.1%増の4330TEUとなり、10年連続の世界一となることが確実となった。同港を運営する上海国際公務集団の19年実績とりまとめによる。

米中貿易摩擦の影響により米国向け貨物が減少する中、欧州向け貨物の増加が寄与した。

2019年通年の取扱量を公表しているのは現在上海港だけだが、18年に上位だったシンガポール、寧波、深セン、広州各港の11月までの累計を見ると上海港の1位はほぼ確実とのこと。

----------------
物流業務改善提案、通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行します。正確・迅速・安心・安全・経験・実績・信頼~株式会社共同フレイターズ~