2020/01/31 KAU ショートニュース|通関業務代行

< 2019年12月アジア発米国向けコンテナ 17%の大幅減 >

2019年12月のアジア発米国向けコンテナ貨物量が前年同月比17%の大幅減となったことが分かった。
日本海事センターのまとめによる。

前年の2018年12月が米国関税引き上げ前の駆け込み出荷があったこともあり、最大シェアを占める中国が28.9%、香港が36.8%の大幅減。ベトナムは44%増、台湾が11%増となったが中国の落ち込みをカバーできなかった。
日本は6.9%の減となった。

----------------
物流業務改善提案、通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行します。正確・迅速・安心・安全・経験・実績・信頼~株式会社共同フレイターズ~