2014/05/23 KAU ショートニュース

<北米西岸港湾ストライキ発生の懸念>

北米西岸港湾労使協定が2014年6月末日に期限を迎えるため、現在改定交渉が行われています。 期日までに新しい協約が締結に至らない場合、ストライキの発生が懸念されます。

例年この”懸念”という状態になると、PORT CONGESTION SURCHARGE が導入されます。 この SURCHARGE は、労使交渉の結果、ストライキもしくはそれに準ずる行為が発動された場合にのみ適用となります。

適用金額等の詳細は、分かり次第ご案内致します。