2014/07/17 KAU ショートニュース

<北米西岸労使交渉 進展なし 南部港湾混雑も>

北米西岸港湾労使協定の期限切れから半月以上が経過しましたが、いまだ協約締結には至っていません。

72時間の交渉休止期間を経て11日に協議を再開、労使とも交渉が続く限り荷役の中断はないとしています。

しかし好調な米景気を受けたアジアからの輸入貨物の増大と、労使協定切れの影響を懸念した在庫の積み増しなどで、本船スケジュールに影響するほどではないものの、ロサンゼルス、ロングビーチ両港の一部ターミナルでは混雑と貨物の滞留が目立ってきいるとのことです。