2014/12/21 KAU ショートニュース

<北米西岸労使交渉越年の見込み>

6月末の労使協定期限切れ以来続いている北米西岸の労使交渉は、決着の見通しが立たないまま越年の見込となりました。

先週末に使用者側の太平洋海事協会(PMA)から新提案が出され、労働側の国際港湾倉庫労働組合(ILWU)がそれに対する対案を出し、両者歩み寄りの方向との報道もされていました。

しかし今週に入りPMAは「その報道は事実ではない」との声明を発表。複数の項目で意見の隔たりが依然大きいままで、交渉が難航していることを明らかにしました。