2015/06/08 KAU ショートニュース

<1-4月 日本発着貨物量 前年同期比輸出微減、輸入減で推移>

アジア域内航路協議協定(IADA)参加船社集計によると、1-4月の貨物量は、全体では前年
同期比で2.5%の増となったものの、日本発着貨物については前年並みか微減で推移してい
ます。

円安にもかかわらず、日本発の貨物は前期比0.4%の減。一方日本揚げの貨物は3.9%の減となっているとのことです。