2015/11/16 KAU ショートニュース

< 北米航路 中国積み急減 東航失速 >

10月コンテナ 6.6パーセント減 126万TEU

アジア発米国向け(東航)コンテナの需要増に急ブレーキがかかった。

米民間統計サービスのゼボ社が、12日に発表した内容によると、
アジア10カ国・地域発米国東航の10月コンテナ貨物量(母船積み地ベース)が前年同期比6.6パーセント減の126万2000TEUだった。

北米向け東航は、2014年春以降、右肩上がりの荷動き伸長が続いてきたが、主力の中国積みが急減したことが響いたかたちだ。

今後の動向をみまもり、ご案内してまいります。

【ご参照】TEU とは? ⇒ http://www.buturyu.net/teu.php