2016/3/31 KAU ショートニュース

<15年外貿5%減 415万TEU>

東京都港湾局が30日に公表した2015年(1-12月)の東京港外貿コンテナ取扱個数(速報値、輸出入合計・空コンテナ込み)は、14年比5.5%減の415万TEUだった。

中国との輸出入、米国、タイなどからの輸入が前年割れとなったことが主な原因。

08年秋のリーマン・ショックで落ち込んだ09年実績以来の減少幅となった。

外貿貨物の品目別では、輸出趣意の再利用資材、2位の産業機械、4位の自動車部品、5位の電気機械などがいずれも減少。

輸入も首位の衣服・はきもの、2位の電気機械、3位の製造食品など上位7品目が前年割れ。