2016/9/5 KAU ショートニュース

< 【続報】韓進破綻の影響大きく 北米航路値上げの動き >

アジア発北米航路で7%の輸送量シェアを有していた韓進海運の破綻により、コンテナ運賃値上げの動きが明らかになってきた。

北米航路では、これからクリスマス・年末に向けたピークシーズンを迎えることもあり、需給が急速に締まりつつある。一部では早くも臨時船を出す動きが出ているとのこと。

コンテナ定航船各社はフォワーダーなど大口荷主に対し9月1に付での値上げ交渉をしてきたが、市況が上向かず、直前まで値上げ額の下方修正も予想されていた。

韓進海運の破綻により、長く続いてきたコンテナ海上運賃低迷の潮目が完全に変わったとの見方が出ている。