2016/11/14 KAU ショートニュース

< 円高影響 輸出入共マイナス 9月貿易統計 >

9月の輸出入額が金額ベースで前年同月比で減となったことが財務省のまとめた貿易統計(速報)により分かった。

輸出額は前年同月比7%減で12カ月連続の減少、輸入額は16%減で21カ月連続の減少。
数量ベースでも輸入は8月の3.8%プラスから1.6%のマイナスに転じた。


為替レートが前年同月比16%円高の1ドル=101.85円で大きく影響した。
貿易収支は4976億円の輸出超過で2ヶ月ぶりの黒字となった。