2017/11/13 KAU ショートニュース|通関業務代行

< アジア発米国向け コンテナ 10月も過去最多 >

アジア10か国・地域発米国向けのコンテナ貨物量が、前年同期比6.2%増の141万7000TEUとなり、過去最多を記録したことが分かった。
米民間統計サービス・データマインの発表による。

1-10月の累計でも前年同期比6.1%増で過去最多となる。

地域別にみると貨物量で首位の中国が6.5%増。2位韓国4.9%増、3位香港3.8%増と続く。
増加率が高かったのが5位のベトナムで29.1%増。1-10月累計でも3割を超える増加となった。

一方日本は7位で3.8%の減。しかし前月9月との比較では14.1%の増加。
また1-10月累計でも3.2%増となった。

----------------
物流業務改善提案、通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行します。正確・迅速・安心・安全・経験・実績・信頼~株式会社共同フレイターズ~



2017/10/24 KAU ショートニュース|通関業務代行

< コンテナ荷動き、アジア発欧州向け、米国向けとも過去最多も日本発は減 >

アジア発の コンテナ荷動き が、欧州向け、米国向け共堅調な動きを見せている。

アジア発欧州向けコンテナの8月貨物量は、前年同月比5.3%増の143万2000TEUで6ヵ月連続のプラスとなった。1‐8月累計でも前年同期比5.3%増で、8月単月でも1-8月累計でも過去最多を記録した。

積地国別では、中国、韓国、ベトナムが増加したのに対し、日本は4%減。

またアジア発米国向けも9月の貨物量が前年同月比6.2%増の141万1000TEUと過去最多で3ヵ月連続のプラス。

しかしこちらも、積地国別では、中国、韓国、ベトナムの増加に対し、日本は3ヶ月ぶりの減少となっている。

以上いずれも英国、及び米国の統計データを基に日本海事センターが発表した情報による。

----------------
物流業務改善提案、通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行します。正確・迅速・安心・安全・経験・実績・信頼~株式会社共同フレイターズ~



2017/10/06 KAU ショートニュース|通関業務代行

< 上半期 外貿コンテナ 取扱増加 東京港7%、5大港6%の増 >

2017年上半期の東京高の 外貿コンテナ 取扱個数が、前年同期比の7%増となったことが分かった。東京都港湾局のまとめによる。

また、東京、横浜、名古屋、大阪、神戸の5大港合計でも、前年同期比6%の増加となる。

東京港では輸入が8%増の49万5500TEU、輸出が7%増の117万5200TEU。
5大港においてもすべての港で増加となり、合計では、輸出入合計で686万 TEUとなった。

----------------
物流業務改善提案、通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行します。正確・迅速・安心・安全・経験・実績・信頼~株式会社共同フレイターズ~



2017/ 9/25 KAU ショートニュース|通関業務代行

< アジア発欧米向け コンテナ過去最多 を記録 >

アジア18ヵ国・地域発の北米向け及び欧州向けのコンテナ貨物量が過去最多を記録したことが分かった。
米国通関統計サービスJOC-PIERS及び英CTSののデータを基に日本海事センターがまとめた結果による。

北米向け8月の貨物量は156万TEUとなり、単月で初めて150万TEU越えの過去最多を記録。
中国発が7%増の100万TEUを超えて過去最多となったほか、べトム発も19.5%増と初の10万TEU越え。その他多くの東南アジア諸国も2桁増。
日本発は1%増と2ヶ月連続の増加となった。
欧州向けは7月の貨物量が6%増の146万TEUで、7月実績で過去最多を記録した。
中国発が5ヵ月連続増となる5.5%増の105万TEU。韓国発が10%増、ベトナム発が20%増、タイ発が7%増。
一方日本発は17%減の大幅減で、15カ月連続の減少となった。

----------------
物流業務改善提案、通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行します。正確・迅速・安心・安全・経験・実績・信頼~株式会社共同フレイターズ~



2017/ 9/15 KAU ショートニュース|通関業務代行

< 10月中韓の大型連休重なる 北米航路大幅減便 の動き >

例年中国は10月1日から国慶節の連休となるが、今年は韓国の大型連休である「秋夕」と重なる。

中国の国慶節休みは中秋節と合わせて10月1日から8日までの8連休。
韓国の秋夕は例年9月になることが多かったが、今年は別の祝日も合わせて10月3日から9日まで、7日間の大型連休となる。

このため、ザ・アライアンス(TA)、オーシャン・アライアンス(OA)、2Mの定航コンテナ船3大アライアンスは、アジア発北米向けの10月1日からの定航船を大幅に減便する予定。
また、単独運航船社、ジム・インテグレーテッド・シッピング・サービシズ(ZIM)も北米向け3ループを2週間欠便する計画。

これにより10月第1週のアジア発北米向けは計17航路、14万TEU弱の削減幅となる見通し。

----------------
物流業務改善提案、通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行します。正確・迅速・安心・安全・経験・実績・信頼~株式会社共同フレイターズ~



2017/ 9/13 KAU ショートニュース|通関業務代行

< 2017年11月1日から乳製品が動物検疫の対象に >

11月1日より、クリーム、バター、チーズ等、乳を主要原料とする製品が輸出入とも動物検疫の対象となります。

輸入の際には、輸入時に動物検疫所に、輸出国政府機関が発行する検疫証明書等添えての輸入検査申請と検査

輸出の際には、輸出時に動物検疫所に、仕向国の要求する必要書類を添えての輸出検査申請と検査

がそれぞれ必要となりますので、乳製品の輸出入をご検討されている荷主様は、事前の準備、確認等をお願い申し上げます。

「乳製品の検疫開始について」農林水産省動物検疫所ページ
http://www.maff.go.jp/aqs/topix/dairy_products.html

「乳製品を輸出入する皆様へお知らせ」動物検疫所リーフレット
http://www.maff.go.jp/aqs/topix/attach/pdf/dairy_products-20.pdf

----------------
通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行します。国際規格とIT化でエキスパートがサポートします。 正確・迅速・安心・安全・経験・実績・信頼~株式会社共同フレイターズ~



2017/ 9/11 KAU ショートニュース|通関業務代行

< アジア発北米向け7月・8月荷動き好調、7月は過去2番目 >

7,8月のアジア18ヵ国・地域発米国向けのコンテナの荷動きが好調だったことが分かった。 米

国通関統計サービスJOC-PIERSのデータを基に、日本海事センターがまとめた記録による。 7月は前年同期8%増の145万5000TEUで、過去2番目の荷動き。シェア1位の中国が8.3%増。日本も5.9%増と、2ヶ月ぶりのプラスとなった。 1-7月の累計貨物量は前年同期比5.3%増を記録した。

8月は米ロングビーチ港の輸入コンテナ取扱量が前年同期10.6%増となり、過去3位を記録など、アジア発北米向けのコンテナの荷動きは引き続き好調な動きを見せている。

----------------
通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行します。国際規格とIT化でエキスパートがサポートします。 正確・迅速・安心・安全・経験・実績・信頼~株式会社共同フレイターズ~



2017/ 8/23 KAU ショートニュース|通関業務代行

< 世界の貿易額 2016年3%の減 マイナスは2年連続 >

2016年の世界の貿易額は、前年比3.1%減となり、2年連続で前年割れとなったことが分かった。日本貿易振興機構(ジェトロ)のまとめによる。

2年連続のマイナスは1981-1983年以来。輸出入とも資源価格低迷の影響が大きく、資源輸出国が全体を押し下げる結果となった。 数量ベースでは前年比0.2%の減少。

地域別にみると、原油安が響いた米国、大半の品目で減少した中国の減少が目立つ。 欧州諸国は堅調。ACEANではベトナムが輸出入で高い伸びを示すなど明暗を分けた。

世界貿易額は2015年7-9月期を底に減少率が縮小の動きを見せており、2017年通年ではプラスに転じる見通しとのこと。

----------------
通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行します。国際規格とIT化でエキスパートがサポートします。 正確・迅速・安心・安全・経験・実績・信頼~株式会社共同フレイターズ~



2017/ 8/22 KAU ショートニュース|通関業務代行

< 2017年上期 日中貿易 大幅増 輸出は二桁の増加 >

2017年上半期の日中貿易額が、前年同期比9.1%増となったことが分かった。 日本貿易振興会(ジェトロ)のまとめによる。

特に輸出額は前年同期比15.8%の増加となり、これにより日中の貿易収支は赤字が続くものの、前年より83.9%の大幅減となった。

品目では乗用の高級車が53.8%増と大幅に拡大したのをはじめ、ギアボックスなどの自動車部品が37.0%増、半導体などの製造用機器が23.4%増と全体をけん引した。

----------------
通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行します。国際規格とIT化でエキスパートがサポートします。 正確・迅速・安心・安全・経験・実績・信頼~株式会社共同フレイターズ~



2017/8/7告知・案内 | 会社説明会 開催(第6回目):2018年度

< 会社説明会 開催(第6回目):2018年度 >

国際物流のエキスパート・信頼できる ”パートナー”
株式会社共同フレイターズでは、会社の未来を共に創る仲間を募集します。

弊社は、国際規格とIT化への取組みにより、迅速な業務処理とタイムリーな情報提供を実現しています。
私たちとご一緒に働きませんか。

会社説明会開催(第6回目)詳細はこちらからどうぞ!

----------------
通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行します。国際規格とIT化でエキスパートがサポートします。 正確・迅速・安心・安全・経験・実績・信頼~株式会社共同フレイターズ~