通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行します。国際規格とIT化でエキスパートがサポートします。 正確・迅速・安心・安全・経験・実績・信頼~株式会社共同フレイターズ~

カテゴリー:KAU News

2021/ 7/12 KAU ショートニュース|通関業務代行

所要時間見える化

< 東京港コンテナターミナル所要時間見える化システム、導入へ >今月14日から東京都港湾局及び東京港埠頭周辺の混雑状況をリアルタイムで可視化できるシステムの運用を開始する。このシステムは待機時間や滞在時間の平均を発表することで、…

詳細を見る

2021/ 7/ 1 KAU ショートニュース|通関業務代行

スマート税関構想2020

< スマート税関構想2020でAI導入に着手 >財務省関税局は昨年発表した「スマート税関構想2020」の下、審査業務などへのAI導入や検査のオートメーション化に着手する。税関に蓄積されたビッグデータをAIによって解析し、通関審査や事…

詳細を見る

2021/ 6/28 KAU ショートニュース|通関業務代行

東京五輪

<東京五輪に向け、長期蔵置解消の協力を要請>このたび、国土交通省港湾局、東京税関、東京都港湾局より、東京港コンテナターミナル(CT)の利用者に対して、長期蔵置貨物の解消についての協力依頼の文書が発出された。東京五輪開催を来月に控え、…

詳細を見る

2021/ 6/18 KAU ショートニュース|通関業務代行

塩田湊混雑激化

< 塩田港混雑 北米向け運賃に影響か >上海航運交易所(SSE)の発表によると6月11日付けの上海発北米向けの海上運賃は西岸向けが$4,658、東岸向けが$8,554(いずれも40フィート当り)となり、東岸向けについては最高値を更新した…

詳細を見る

2021/ 6/10 KAU ショートニュース|通関業務代行

コンテナ船社異例の好決算

< コンテナ船社 異例の好決算 >例年、1-3月期は閑散期のため赤字に転落する船社もあるが、今期はコロナ禍による前期の反動増もあり各社とも過去最高を記録した。運賃水準の高騰により、売り上げ・利益ともに倍以上という船社も出るなど、…

詳細を見る

2021/ 6/ 4 KAU ショートニュース|通関業務代行

ゲートオープントライアル

< ゲートオープン時間拡大トライアル >今夏に開催予定の東京五輪大会に向けて、5/18・19と東京港において、ゲートオープン時間拡大のトライアルが実施された。2日間の拡大時間※で取り扱った本数は5221本で、深夜の取り扱いは39本で…

詳細を見る

2021/ 5/26 KAU ショートニュース|通関業務代行

RCEP

< 東アジア地域包括的経済連携(RCEP)で貿易額の経済協定締結国割合は8割に >4月の今国会で、日本、中国、韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)など15か国が参加する地域的な経済連携協定(RCEP)協定が承認された。20…

詳細を見る

2021/ 5/21 KAU ショートニュース|通関業務代行

コンテナ運賃高騰

< 欧米諸国向けコンテナ運賃の高騰 >アジア発欧米諸国向けのコンテナ運賃が高騰している。上海発北米東岸向けコンテナ運賃は、4月中旬から一気に値上がりをみせており、ここ一か月で40フィートコンテナあたり2000ドル以上も値上が…

詳細を見る

2021/ 5/ 14 KAU ショートニュース|通関業務代行

横浜港

< ターミナル効率、横浜港が世界1位に >世界銀行とIHSが共同で行った分析で世界のコンテナ港の中で横浜港が最も効率性の高い港に選ばれた。これは本船が着岸してから離岸するまでの所要時間をベースにコンテナターミナルのパフォーマンス…

詳細を見る

2021/ 5/ 7 KAU ショートニュース|通関業務代行

東京港早朝ゲートオープン

< 東京港 ゲートの早朝オープンへ >東京港埠頭会社は、GW明けに大井1・2号、青海公共、青海A4のゲートを臨時早朝オープンする事を発表した。例年GW前後は港周辺が混雑する事から、通常のゲートオープン時間である8時30分から…

詳細を見る