通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行します。国際規格とIT化でエキスパートがサポートします。 正確・迅速・安心・安全・経験・実績・信頼~株式会社共同フレイターズ~

カテゴリー:KAU News

2022/ 9/ 5 KAU ショートニュース|通関業務代行

2024年問題

< 海上コンテナ輸送 2024年問題で存続の危機 >東京港のコンテナターミナル(CT)では常時3~5時間の待機が発生しており、24年4月から適用される960時間を上限とする罰則付きの時間外労働規制への対応が困難になり、撤退する事…

詳細を見る

2022/ 8/25 KAU ショートニュース|通関業務代行

港湾情報システム「CONPAS(コンパス)」

< 東京港 混雑緩和のため新・港湾情報システム「CONPAS(コンパス)」導入へ >東京港に新・港湾情報システム「コンパス」の導入が予定されている。東京港では青海公共埠頭を中心に昨年秋ごろから大混雑が頻発しており、ドレージ(海上…

詳細を見る

2022/ 8/19 KAU ショートニュース|通関業務代行

リバプール港 スト実施

< リバプール港 スト実施 >英国の最大労組ユナイトは15日、リバプール港でのストライキ実施を可決したと発表した。ユナイトは既に国内最大のコンテナ港であるフェリクストウ港でも21日よりストを行うことを決めている。欧州の港湾では昨…

詳細を見る

2022/ 8/12 KAU ショートニュース|通関業務代行

堀田港湾局長就任会見

< 堀田港湾局長就任会見 RTG導入横浜本牧で >堀田局長は就任初の会見を行い、「『みなと』というインフラの強力なパワーを最大限に引き出す」と抱負を掲げ、社会課題の港湾を視点から解決に導けるような姿勢の転換が必要であると述べた。…

詳細を見る

2022/ 8/ 3 KAU ショートニュース|通関業務代行

AIによる不正輸出の取締強化

< AIによる不正輸出の取締強化 >2020年から拳銃や麻薬などの不正輸入品の取り締まりに人工知能(AI)が活用されている。ロシアのウクライナ侵攻に日本企業の製品が軍事転用されていることから、不正輸出の取り締まりにもAIの活用さ…

詳細を見る

2022/ 7/28 KAU ショートニュース|通関業務代行

東京港でヒアリ

< 東京港内でヒアリ確認 >環境省と東京都港湾局、都環境局は14日、東京港青海埠頭内で約300匹のヒアリを確認したと発表した。国内の確認事例は2017年6月に国内で初確認されてから88例目になる。都は引き続き環境省と協力して…

詳細を見る

2022/ 7/22 KAU ショートニュース|通関業務代行

貿易赤字最大

< 半年間の貿易赤字7兆9241億円 上半期として過去最大 >輸出から輸入を差し引いた貿易収支が7兆9000億円余りの赤字と半年間では過去最大の赤字額となった。ウクライナ侵攻を背景に原油などの価格が上昇し、輸入額が大きく膨らんだこと…

詳細を見る

2022/ 7/15 KAU ショートニュース|通関業務代行

荷主対策強化

< 行政が荷主対策強化 不適正取引問題に切り込み >国土交通省は改正貨物自動車運送事業法に基づきトラック運送事業者の法令違反の原因となるおそれのある行為(違反原因行為)をしている荷主に対し、荷主に働きかける事が可能になった。違反…

詳細を見る

2022/ 7/ 8 KAU ショートニュース|通関業務代行

高インフレに欧州各国でストライキ続出 交通インフラや物流混乱

< 高インフレに欧州各国でストライキ続出 交通インフラや物流混乱 >欧州の鉄道や航空業界などでストライキが頻発している。6月下旬からイギリス、ドイツ、フランスで相次いでストライキが起きており、交通インフラや物流の混乱による経済活…

詳細を見る

2022/ 7/ 1 KAU ショートニュース|通関業務代行

海上運賃軟化

< 東岸向け運賃 軟化が続く >北米向け海上運賃が軟化している。6月24日時点で西岸向けが40FTコンテナ当たり7,384ドル、東岸向けが9,804ドルまで落ちており、東岸向けが1万ドルを割り込むのはおよそ1年ぶりとのこと。…

詳細を見る